先輩社員の声

  • HOME
  • 先輩社員の声
  • 村上 凌也 海上勤務 一等機関士
  • 佐藤 鑑 海上勤務 甲板員
  • 岡田 龍起 海上勤務 甲板員
  • 宮川 晃輔 陸上勤務 安全・品質管理部
  • 武末 修也 陸上勤務 海務部

村上 凌也
  • 2018年入社
  • 海上勤務(貨物船) 一等機関士
  • 山口県出身
  • 国立波方海上技術短期大学校卒

現在の仕事・業務を教えてください
一等機関士として、荷役中のバラスト張り込み、排出、航海中の当直などです。
船員を志した理由
学生のとき、進路に悩んでいたとき、父から船員の仕事について聞き、
興味をもったことがきっかけです。
イコーズに入社して一番成長を感じた瞬間
入社時は、次に何をすればいいのか分からないこともありましたが、
指示を受ける前に仕事にとりかかることができるようになった時です。
10年後の自分自身へ送る激励
いずれは、機関長を任せられるように、責任感を持ち仕事に取り組んでほしいです。
船員を目指す後輩たちへ
私も基礎知識が大事だとよく言われるので、しっかりと勉強をがんばってほしいです。
佐藤 鑑
  • 2018年入社
  • 海上勤務(コンテナ船) 甲板員
  • 青森県出身
  • 国立宮古海上技術学校卒

現在の仕事・業務を教えてください
コンテナ船、甲板員です。
船員を志した理由
祖父や親戚が船乗りだったので、その憧れです。
イコーズに入社して一番成長を感じた瞬間
入社式の際の役員さんからの印象深い激励メッセージである
「何が分からないか、分からない」「何が分からないかが分かる」ようになったときです。
10年後の自分自身へ送る激励
私はコンテナ船、甲板員です。
10年後には、保守整備、在庫管理、ワッチはもちろん、
アブログ、積み付けプランなどの文章業務も確実にこなせるようになり、
助け合いの精神に代表されるシーマンシップや他船間のマナーを大切にして、
船内では笑顔で過ごせるようにしたいです。
船員を目指す後輩たちへ
船員を目指す事は専門知識以外でも、船のマナーやコミュニケーション能力が大切です。
大変な努力が必要ですが、努力し甲斐のある仕事だと思います。
岡田 龍起
  • 2018年入社
  • 海上勤務(コンテナ船) 甲板員
  • 群馬県出身
  • 一般財団法人尾道海技学院卒

現在の仕事・業務を教えてください
荷役や待機を目的とした入出港準備では、ロープや係船機器の準備を担当し、航海当直中は舵取担当です。
船員を志した理由
乗船中は長期拘束されるものの、船員生活の醍醐味とも言える長期間の休みが得られるため
メリハリある生活に魅力を感じました。
イコーズに入社して一番成長を感じた瞬間
操舵主として舵を握り、一般に海の難所と呼ばれる来島海峡などの狭い水道を通航できたときです。
10年後の自分自身へ送る激励
様々な経験を積み四級の免状を取得して、立派な船舶職員になっていて欲しいです。
船員を目指す後輩たちへ
職住一体の洋上での生活は、閉鎖的な空間で互いに気を使い合い、荒天時には船酔いに耐えながらの業務など、
陸上にはないものばかりで大変だと思いますが、自然と慣れていくものなのでがんばって欲しいです。
宮川 晃輔
  • 2015年船員として入社、2018年安全・品質管理部へ異動
  • 陸上勤務(安全・品質管理部)
  • 広島県出身
  • 国立広島商船高等専門学校卒

現在の仕事・業務を教えてください
気象・海象などの情報提供や訪船活動を通した安全教育などを行っています。
管理スタッフを志した理由
私はもともと船員としてイコーズに入社しましたが、
船舶管理という仕事がどのようなものか興味があり
ぜひ体験してみたいと感じたからです。
イコーズに入社して一番成長を感じた瞬間
自分の担当している仕事がこなせた時に感じます。
10年後の自分自身へ送る激励
ご安全に!!
陸上スタッフを目指す後輩たちへ
船舶管理という仕事はたくさんの人と関わる事ができる仕事だと思います。
人と話すのが好き、いろんな人と関わってみたいと思う方はぜひ!!
武末 修也
  • 2018年入社
  • 陸上勤務(海務部)
  • 山口県出身
  • 中部大学卒

現在の仕事・業務を教えてください
・船員の作業着や安全靴の手配
・船員の資格等有効期限の管理
管理スタッフを志した理由
就活中に内航海運という業界を知り、
船を使っての日本全国への物流という形態に興味を持ったことが理由です。
イコーズに入社して一番成長を感じた瞬間
人見知りがちで人と話すのは苦手なのですが、
船員と会話しなければならないことも多く、
スムーズに会話を行えた時はうれしいです。
10年後の自分自身へ送る激励
体を壊さない程度にがんばれ!
陸上スタッフを目指す後輩たちへ
船の知識が全く無い状態でこの会社に入りましたが、なんとかやっていけています。
知識は後から付けることができるので、必要なのは興味とやる気です。
ページトップへ